傾聴ボランティアの需要

傾聴ボランティアの需要

傾聴ボランティアの需要が高まっています。 介護施設での介護職員は、食事の用意、入浴、トイレの介助などで利用者さんの話を聞く時間を取るのが難しいです。 そこで傾聴ボランティアが必要です。


1 認知症の方に

認知症の方にとって、会話をすることは脳の刺激になります。 傾聴することで認知症の進行を抑えることもできます。また、利用者さんとしては、輝いていた時代を思い出すことができ、自信が回復したり、 懐かしい、嬉しい気持ちになることができます。


2 自分の親にも

ご自身の親がご健在の場合、自分の親に傾聴することができます。かけがえのない親族だからこそ、傾聴の効果はとても高いです。


3.訓練が必要

ボランティアとはいえ、傾聴の知識が無い方が利用者さんに接してしまうと逆効果になる可能性があります。例えば、マイナスな部分を思い出させてしまい、利用者さんを落ち込ませてしまう場合もあります。利用者さんが話したい内容やポジティブな気持ちに傾聴できる必要があります。ボランティアになる前に、何度か傾聴の練習をすることをお勧めします。利用者さんに「また話を聞いてもらいたい 、また来てほしい」と思ってもらえるボランティアになれるのを私たちは応援します 。

 


傾聴ボランティアはこれから必要不可欠になります。人々は「繋がっている、一緒にいることができる」と感じると幸せになります。傾聴ボランティアとして、人として、多くの方との繋がりを大切にしてください。

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!