カウンセリングマインドと傾聴

カウンセリングマインドと傾聴

カウンセリングにおける気持ちのあり方をカウンセリングマインドと呼びます。傾聴もカウンセリングの一部と言えますから、カウンセリングマインドは非常に重要です。大切な人の気持ちを聴く時にはどんな気持ちで聴いたら良いのでしょうか?


1.信じて受け止める

話し手は「こんなことを言ったらおかしいと思われるかも」「嫌われてしまうのではないか?」そんなことを気にしながら話をしています。どんな話でも受け止めて、例え話がわかりにくくても、一見するとあり得ないと思えるような話でもしっかりと受け止めることで信頼関係が深まり、その結果として「誰にもわかってもらえなかったことを理解してもらえた」という状態になります。それを見据えて、信じて受け止めることはカウンセリングマインドとしてもとても重要です。


2.主役はクライアント

傾聴の主役はあくまでもクライアント(話し手)です。そして、その人の人生の主役もその人なのです。私たちはその人を取り巻く天気のように雨を降らしたり、ポカポカ日和にすることはできますが、その人そのものを変えることはできません。あくまでも主役はクライアントさんです。カウンセリングをする時にカウンセラーはクライアントさんの問題を解決しようとは考えていません。クライアントさんが問題を解決できるような状態になる手伝いをするのです。万全な前向きな強いクライアントを作り出せばおのずと問題が解決するのであって、聴き手であるカウンセラーがその問題を肩代わりするわけではないのです。そのカウンセリングマインドを忘れてしまうとコンサルタントのようになってしまいます。

1件のコメント

  1. 先日、ひたすら「どうすればいい?」とクライアントさんから問い詰められました。それを考え、実践するのはクライアントさんなので、一緒に考えてみようと提案してみましたが、「もういい」と言われてしまいました。おそらく、クライアントさんが自分で考えることができる状態、前向きな気分にさせてあげることができていなかったのでしょう。

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!