箱根駅伝でも使われているペップトーク

箱根駅伝でも使われているペップトーク

2018年の箱根駅伝の往路優勝は東洋大学でしたね。1年生を3人も起用したにも関わらずの快挙です。2位の青山学院も36秒差なので復路での逆転優勝の可能性もあります。

周りの割れんばかりの声援を受けながら、町から海へ、そして山へ選手たちが襷をつなぎ、選手それぞれのドラマがありますね。私たちを魅了してやまない箱根駅伝、その魅力を少し紐解いてみませんか?


1.箱根駅伝の魅力的な人物

箱根駅伝の主役といえば、当然、選手たちだと思います。選手は日々の厳しい練習をし、他の大会等で勝った嬉しさ、上手くいかなかった悔しさ等の気持ち、その選手を支えている家族、監督、ライバル、仲間への感謝、タイムを縮めようという意気込み、襷を次へつなげようという気力、それが選手を見るとじんじんを伝わってきます。だからこその、感動を毎年もらっています。駅伝を走っている時は選手一人が走っているように見えますが、監督が後ろから選手を応援しています。監督の声援を聞いていると、ペップトークを活用していることが分かりました。


2.ペップトークとは

アメリカのスポーツというと何を思い浮かべますか?ベースボール、アメリカンフットボール、アイスホッケー、バスケットボールはアメリカの四大スポーツと言われています。どれもチームスポーツです。ペップトークはアメリカにおけるチームスポーツのヘッドコーチが使っています。

ペップトークは日常でも使える「人を励ます」話し方です。最近だと嵐の櫻井翔くんがドラマで活用してましたね。

(1)受容(事実の受け入れ)

相手の感情や状況をいったん受け入れることから始めます。緊張や不安、悩んでいるとき、その人の感情を酌み取ると心にスペースができます。そうしたスペースができると、相手が言っていることを受け入れる余裕ができます。

「お前たち、よく決勝戦まできたな。相手は全国大会の常連校だ」(サッカーの県大会決勝で)

「さっちゃん、手が震えているのね」(ピアノの発表会の前に)

「昨日は緊張であまり眠れなかったみたいだね」(大切な講演会の前)

「いま、会社の売り上げは前年比マイナス10%になっている」(経営者が社員に)

このように、いま相手の置かれている状況や感情を受け入れさせるのです。

(2)承認(とらえかた変換)

そうした状況や感情をプラスの表現に転換します。

「昨日は緊張であまり眠れなかったみたいだね(受容)。それは君が本気で講演会を成功させたいと思っている証拠だよ(承認)」(大切な講演会の前)

「いま、会社の売り上げは前年比マイナス10%になっている(受容)。この状況は、いままでのやり方を見直し、業務をシンプル化するチャンスである(承認)」(経営者が社員に)

この時点で、相手はいまを受け入れ、それをプラスの感情へと変えていきます。

(3)行動(してほしい変換)

まさにしてほしい行動を促します。

「ベストを尽くそう」「自分たちの力を出しきろう」「仲間を信じてパスを回そう」(試合に勝つために……)

「落ち着いて最後まで問題を読もう」「できそうな問題から解いていこう」(試験に合格するために……)

「お客様の悩みに寄り添って話を聞こう」(お客様から契約をいただくために……)

いま、その人にふさわしい言葉を掛けていきます。

(4)激励(背中のひと押し)

相手を送り出す言葉です。

ここは相手の性格を考えながら、その人にふさわしい言葉を投げかけます。

「さあ、行ってこい!」「思いっきり暴れてこい!」「大丈夫、君ならできる!」「笑顔でいこう!」「一緒に頑張ろう!」「Yes, we can !」「何があっても助けに行くから!」「みんなで応援しているからね!」「ゴールで待ってるよ!」

 

以上の4つを組み立てるだけで、相手のやる気を引き出したり、相手を元気づけたりすることができるのがペップトークの特徴。それも1分くらいの話でまとめられるため、相手も話を十分に理解し、本来持っている力を発揮できるのです。

駅伝の監督もペップトークの順番で、今まさに走っているの選手に声援を送っていました。声援をもらった選手は辛そうな顔から前を見据える顔になり、気力を取り戻しているように感じました。


3.ペップトークと傾聴

このように、ペップトークはスポーツや授業中など、大切な時や日常で活用できる話し方です。これの基本的な部分は傾聴と共通点があります。

「今までこんなに辛い中でも頑張ってきたんですね。…(1)承認

○○という気持ちなんですね…(2)受容

□□という理想に向けてのはじめの一歩は◇◇ですね。…(3)行動

いってらっしゃい…(4)激励」

上のように、傾聴をし、辛い過去を承認、受容し、話し手がチラッと話す理想を深めていき、行動課題をを明確にし、送り出す。これがすぐにできる訳ではなく、質の良い傾聴をすると最終的にこのような結果になる場合があります。

傾聴をする時にペップトークを意識しすぎる必要はありませんが、傾聴とペップトークの本質には共通する点があると思います。

1件のコメント

  1. ペップトークって、こういうことを言うんだなって思った。
    関係性ある人やある程度話を聞いた後で、使えるかんじが頭に浮かんだ。
    いい感じの締めになりそうと思った。
    身に付けたいな😊

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!