サンタクロースを米軍が追跡

サンタクロースを追跡

毎年、クリスマスの日にサンタクロースが子どもたちにプレゼントを届ける。その様子をアメリカ軍は日本時間の24日午後から追跡します。スタートは18時頃でしょうか?

東北地方上空で3.11からの驚異的な街の回復にサンタクロースが驚いている様子が描かれています。

1.北米航空宇宙防衛司令部

普段、弾道ミサイルなどを警戒しているアメリカとカナダの軍からなるNODAD(北米航空宇宙防衛司令部)がサンタクロースの移動経路をホームページで公開しています。

発端は「サンタへの直通電話」というサービスの電話番号が「CONAD司令長官へのホットライン」と間違えてしまったことから、、、子どもがサンタさんと話せると思って電話した先は戦争が起きそうな時にしかならないような回線。「本当にサンタさんなの?」と子どもに問われ、、当時の司令官ハリー シャウプ大佐はサンタが北極から南に向かった形跡がないか部下にレーダーで確認させました。そして電話を掛けてきた子供達にサンタの現在地の最新情報を順次伝えたことからこの伝統が生まれました。

軍とサンタ
共通点が多いような真逆なような組み合わせが素晴らしいですね!

子どもたちがサンタクロースを想う気持ち。
子どもたちが喜ぶ顔が見たい大人の優しさ。

クリスマスが多くの人の幸せにつながる日であることを願います。

1)サンタクロース追跡の実況

2017年12月24日 8:00(日本時間)
まだ、中継は始まっていないようですね!

2)追跡開始は16時

開始時間は16時だそうです。確かに今プレゼントが届いてもね〜

3)ニュージーランド 21時

サンタさんは北極から日本の太平洋側をかすめてニュージーランドに南下していきました。1秒に1万個近いプレゼントをばらまいているようです。

 


2.気持ちを汲み取る

傾聴に必要なのは気持ちを汲み取ること。そして、気持ちを汲み取った後にこのように何かの形にできたら素晴らしいですね。私たちを取り巻く科学技術やさまざまな工夫はお金を稼ぐためにあるのではありません。もともと、誰かを喜ばせるために一生懸命に工夫した何かであることが多いのです。そんな気持ちを汲み取って、想いを込めて作られた文化や技術を大事にしたいですね。

 


3.追跡の楽しみ方

スマホのアプリで「NORAD」の検索すれば出てきますよ!

7件のコメント

  1. 面白い企劃の中に本気を感じさせるが面白いですね。米軍が本気でサンタクロースを追いかけるとか一件ふざけてそうでも
    米軍の名前をだしたら一段と真面目な企劃と思えるのが凄い、サンタクロース世界中を一人で廻らないのは分かるけど
    遊び心あるからいいのかもね

    1. サンタクロースを米軍追いかけるの、結構いいですよね。
      このアンマッチさが面白いと私も思います。
      傾聴をして何か異質なものがマッチするとなにか面白いことが起こりそうですね。

  2. そうか、こんなところにも傾聴が…!
    こころ温まる一流のお仕事に感動しました^^

  3. 誰もが一瞬で笑顔になるシステムだと思います。我が家では高校生になる子供にまだサンタからプレゼントが届きます。「1秒に1万個のプレゼントをばらまいてるからウチにも来たんだね!」と言う父親の言葉に、家族全員で笑いがおこりました。

  4. 大人の本気のユーモア、ステキですね。
    ウチの下の子は6年生までサンタさんを信じていました。最後は上の子と協力して下の子の夢を守りました!

  5. わー!!
    サンタさん!!
    みんなの夢を分かってくれて、こんなシステムを作ってくれるのは嬉しいですね(^^)

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!