傾聴イベント 傾聴読書会

傾聴イベント 傾聴読書会

傾聴講座で講師をしている清田直芳です。

第3回となる傾聴イベント『傾聴読書会』を9月29日に開催しました。

今回は五反田の隠れ家的カフェ『モプレカフェ』をお借りして行いました。美味しいお菓子とハーブティーをおともに、充実した2時間になったと思います。

実際にやってみて思いましたが、傾聴と読書会は非常に親和性が高い!

まず、自分の心が動いた読書をテーマに傾聴する事で、自分がどのような部分に反応したのかが整理され、自分を知る事ができます。

また、自分の選んだ本を傾聴してもらい、しっかりと共感してもらうという体験は、大きな喜びにもなったようでした。

1.読書曲線

今回の傾聴読書会では、最初に読書曲線というものを書いていただきました。

↑ こんな感じです。

心理の世界に人生曲線というものがあるんですが、それの読書版ですね。読書をしていると、気持ちの上がり下がりがありますよね。それをグラフにする事で、自分の感情を客観視する事ができます。そして、山や谷の部分にはきっと自分の価値観に触れる何かがあるはずなんですね。

10分という時間で書いていただいたのですが、多くの人は時間が足りないようでした。もう少しじっくり書いてみても面白いかもしれません。

2.読書傾聴

読書曲線を書き終えた後は、いよいよ2人1組に分かれて読書傾聴の時間です。読書曲線を参考にして、それぞれの組に傾聴をしていただきました。

はたから見ていて、どの組も色があって面白い傾聴になっていたと思います。選んだ本もビジネス書や小説、漫画にイラスト練習帳などバラエティーに富んでいたのも良かったですね。

参加者の皆様の感想も紹介させていただきます!

3.シェア

読書傾聴を終えた後は、集まってそれぞれ本の紹介と傾聴をしてみてどうだったかのシェアを行いました。

ここも本当に為になりました!

傾聴においても重要な多様な世界観に触れる事ができましたし、話を聴いていたら全部の本を読みたくなっちゃうような、そんな気持ちになりました。

全てが誰かの心に響いた本で、それぞれの世界観に触れ、完全ではないけれど共感した事で、人と人だけでなく本と人の間にもつながりが生まれたのかもしれませんね。

↑ 皆さんが持って来てくださった本たちです。

4.まとめ

第3回となる傾聴イベントですが、皆様のおかげで無事に終える事ができました。

今回、僕自身はファシリテーターでしたので読書傾聴には参加していませんが、自分でもやって見たいなーって強く思いましましたね。

この傾聴読書会は定期的に開催しても良いような内容になっていると思います。

また、遠くないうちにやりたいと思いますので、ぜひご参加ください!

6件のコメント

  1. それぞれの方のお話を聞くことでも「いろいろな価値観」に触れられると感じましたが、この記事を読んで再認識したのは「読書曲線」を書くことではその山・谷から「自分の価値観」にも触れることができるんですね!
    自分の外側にも内側にも価値観が広がり、人と、本と、出会える素敵なイベントでした。ぜひまた参加させてください^^

    1. Author

      コメントありがとうございます。
      読んだ本についてじっくり向きい、話しをしながら内面に触れていく体験ってなかなかないですもんね。
      紹介してもらった本読んでみたいと思います。また、ご参加下さい!

  2. 傾聴読書会は初参加でしたが、参加者一人一人が思い入れがある本について沢山語って下さって、本当に為になりました(*^^*)
    また機会があれば是非参加したいと思います(*´꒳`*)

    1. Author

      僕も色々な考え方や価値観に触れる事が出来て、とても為になりました。改めて一人ひとり見ている世界が違うなーって実感しましたね。
      また、ぜひ参加して下さい( ´ ▽ ` )

  3. どんな本を選ぶかとか、どんな本が好きかっていうのが、その人の世界観を表現してるってことですよね。
    面白い試みだなと思います。

    1. Author

      そうですね。ある種、自分の内面をさらけ出す訳ですから、信頼関係ができていないと出来ない部分でもあります。そういう意味でも傾聴に意味があるとおもいます。

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!