9)伝え返し


9)伝え返し

傾聴のテクニックの1つに「伝え返し」というものがあります。大切な人の気持ちを暖かく受け止めたいというときにこの「伝え返し」が上手にできるととても役に立ちます。話し手の気持ちを尊重して、うけとめるためのやり方をご紹介します。


1.基本的な伝え返し

傾聴するときに話し手の発した言葉を引用して伝え返すことを「伝え返し」と呼びます。相手の言葉を使うことによって、「今の話、受け止めましたよ」と言うニュアンスを伝えることができます。

学校のカウンセラーさんはある程度話を聴いたらまとめてくれます。ちゃんと伝わったと実感出来るのでその伝え返しがあると安心できます。自分だけが話していると「これでいいのかな?」と不安になってしまうので。(高校1年生)

 


2.何に伝え返しするか?

伝え返しはポイントがあっていると話し手の感情が揺さぶられて、傾聴がより深まります。逆にポイントがずれているとしらけてしまったり、不審に思われて傾聴が止まってしまいます。

「今日さぁ〜新宿でさぁ〜びっくりしたことがあってね」

と話しかけられたときに

「今日さぁ〜新宿でさぁ〜びっくりしたことがあったんだね〜」

と伝え返しをしたらバカにしているのかと思われてしまいます。上記のセリフに伝え返しをするとしたらどのポイントが適切でしょうか?

  • 今日
  • 新宿
  • びっくりした

この範囲から選択するなら「びっくりした」という言葉が一番感情を示していそうです。このタイミングで伝え返しをするなら、まだ中身がわかりませんので「びっくり?」くらいの伝え返しが良さそうです。さらに良いのは話の結論、オチがでてきてから「びっくりだね!」と感情を込めて伝え返しをすると気持ちが伝わったとなるのではないでしょうか?

傾聴の最中に話し手の様子をよく観察しているとあるフレーズに感情を込めることがあります。

目を大きく見開いて、「すごいでしょう」と感情を込めたり、眉間にしわを寄せながら悲しそうに言葉を発することもあります。

その言葉は頭でロジカルに生み出された言葉ではなく、感情を言語化し、表情やしぐさにまで影響及ぼしながら発せられた言葉です。もし、その言葉をキャッチして伝え返しすることができれば、その投げ返された言葉を聞いた話し手はその言葉を引き金に感情を再び呼び起こすことでしょう。

なぜならば、感情がつながった言葉を返しているからです。

伝え返しは「感情」に対してつかう

これはとても重要なポイントです。

 


3.最悪なおうむ返し

傾聴においては、聴き手は新しい単語を場に持ち込まないのが基本です。スクールや本、サイトによっては伝え返しをし続けると単調になるので違う返し方がをする方が良いと教えているところもあるようですが、それは最悪です。

伝え返しが多いのが問題なのは確かですが、「違う返し方」ではなく、「返さない」が正解です。

 


4.少ないほうが効果が高い

伝え返しの原理がわかった上で、もう一度、伝え返しをするタイミングを考えてみると、それほど頻度が多くないことがわかります。

むしろ、一回の傾聴で1度か2度の「ここぞ」という時に使う方が有効であるといえます。

今日の傾聴で最も理解して欲しかった感情に伝え返しをするとうまくいきます。その時に余計な伝え返しをたくさんしていると肝心な時に効果が出ません。

 


▼「伝え返し」まとめ▲

ここでは「伝え返し」についてご紹介しました。

  • 受け止めましたよと伝える
  • 感情に対して使う
  • 違う単語にしてはダメ
  • 少ないほうが効果的

傾聴とは「話し手の主観的な世界観と気持ちを理解しチカラに変える事」です。

ページ下にあるコメント欄に「感想」や「質問」をお寄せください。
「オンライン傾聴講座」は皆さんとの交流によって作られています。よろしくお願いします。

 


「10)身体的同調」も読んでみてください

本格的な傾聴を始める前に傾聴に必要な信頼関係のベースをつくります。これをラポールと呼びます。仲の良いカップルなどは仕草が似たり、同調することがあります。これはお互いのリズムが一致して、良い関係性ができていることをあらわしています。実は傾聴がうまくいかない理由の多くは話の聴き方にあるのではなく、このラポールができていないことにあります。次回はそのラポールの基礎である「身体的同調」について学びます。

21件のコメント

  1. 伝え返しは、感情へか。。。伝え返しも意識して、やってないことに気づいた。うなずきもあいづちも、なんとなく。
    私は、なんとなくやってるだけなんだと気づいた。だいたいの感覚的なコミュニケーションが好きなんだと気づいた。こういう私なんだ、まあ、そうだろうな。
    このだいたいの感覚的なものは、けっこういい要素含んでるんだろうけれど。。。いまいちもある。
    もう少し感じることに身をゆだねたい、それをもとに、芯をもってコミュニケーションして、いいつながり作りたい。いい何かを生み出せるようになりたいと思う😊💕

    1. なぁーなさんへ
      感じることに身をゆだねる すてき🧚‍♀️ 頭で考えるのではなく、感じることを大切にする
      感じることが得意な人、苦手な人、いろいろいると思うけど、感じるというのは、人間に備わっている1つの大切な感覚だと思うと、やっぱり使っていきたいなーと思うのです🌼

  2. 伝え返しという言葉は初めて聞いたので、どういう事なのか想像はつかなかったのですが、良い伝え返しか悪い伝え返しかは別にしてこれまで会話の中で無意識にやっていた事だと思いました。
    傾聴の熟練者というのは相手の言葉や表情に対してどの言葉やどの気持ちにどう反応したらいいのかという判断を瞬時に弾き出しているのですね。

    1. 確かに、傾聴の熟練者は相手の言葉や表情をよく観察しているなと思いました。
      natsuさんは無意識的に伝え返しができているんですね。natsuさんは相手がどんな言葉や表情の時に伝え返しをされているんですか?
      よかったら学びのために共有してもらえると嬉しいです。

  3. よく旦那が仕事の愚痴をこぼします。
    旦那が愚痴を話すと喧嘩になってしまう時があるのですが、伝え返しが出来てないからなのかな?と思いました。伝え返しが上手に出来ていれば旦那の会社での不満、ストレスを和らげてあげれるのかなと思いました。伝え返しはとても重要だと感じました。

    1. 旦那さんが愚痴をこぼされるんですね。
      ゆりさんも人間なので不満やストレスが溜まっていて、そんな時に旦那さんの愚痴を聞くと
      つい喧嘩に発展してしまったりするのかなと思いました。
      できる範囲でいいと思うので、伝え返しをするともしかしたら旦那さんのお気持ちも変わるかもしれないですね。
      やってみての感想をまた教えてもらえると嬉しいです。

  4. はじめまして。
    介護福祉士としてデイサービスで勤めてます。
    利用者様と会話する中で大事なのが傾聴する事なので、伝え返しという技術は本当に大事な事だと考えています。
    ただ聞くだけなら簡単なのですが、
    あなたの話を聞いていますよ。
    大変でしたね。
    という気持ちを伝えるには伝え返しを
    うまく使わないと不信感を与えてしまい利用者様が本当に困っている事を聞き出せないので、
    1番気をつけています。
    私の性格で何か返事をしないと!
    沈黙になるのが苦手だから何とかうまく返さないと!
    と考えていましたが
    実はその沈黙も大事な事だと介護の仕事で勉強になりました。
    大事なキーワードは外さないで、
    相手に共感する。そのために伝え返しをもっともっと上手く使えるようにならないとと、この記事を読んで感じました。

    1. もぐさんのコメントを読んで私も気づかされました。
      私も子どもを接する仕事をしているので、あなたの話しを受け止めたよというメッセージを込めて、伝え返しをしています。
      子どもは「先生!先生!聞いて!!」と堰を切ったように話しかけてくることがありますが、一番大切な部分を伝え返しすると
      子どもが急に落ち着きを取り戻し、ニコニコ顔で帰っていくことがあります。
      分かってもらえると、興奮している子も落ち着きを取り戻し、平穏な気持ちになるんだなーと思いました。

  5. はっΣ(゚д゚lll)
    みんなちゃんと返信出来てるΣ(゚д゚lll)なぜ?!

    たんぽぽちえさん、
    コメントありがとうございます。

    確かに…1番近い自分のこと、不可思議です。
    今の自分の顔を見るには鏡を使うしかないように、人は思うより自分自身を知らないのかもしれないとも思います。

    同じ言葉も、聴き手の環境や感情によって意味を変えてしまうことすら有るのは…
    他者を知るはずの傾聴が、実は己を知ることなのかも(゚∀゚)
    丁寧に聴くことは、丁寧に自分自身を見つめることなのかもしれません(^o^)

    かもかも言ってすみません(笑)
    わからないことだらけの私ですが…
    こうして色んな考え方に触れることが出来て嬉しいです。ありがとうございます(^o^)

  6. 何だなんだ∑(゚Д゚)
    コメント欄がバージョンアップしてる∑(゚Д゚)

    リプ出来ない?やり方が悪いのかしら…
    いや…私の機能がポンコツなのか…(笑)

    TANPOPO CHIEさん、事務局さん
    ありがとうございます(^o^)
    夫婦や気心の知れた関係では、阿吽の呼吸または以心伝心のような感覚に頼ってしまうのかもしれませんね。これが心地良い時もあれば、すれ違いの喧嘩の種にもなる…。
    実は近しい人や親しき仲ほど、傾聴するという姿勢から遠退いているのかもしれないな〜などと思いました(^ω^)
    私も感性磨きたいな☆

    1. 平賀佳奈さん
      近い人 自分にいちばん近い人は、自分
      私が、私のことをちゃんと聴いてあげてるかなーって思いました
      自分の心、体 何を言いたいの?

  7. 感情の伝え返し😊

    子どもから「今日のごはん なに?」て質問きたら、それに対しては「ごはんが 知りたいんだね」ではなく、「おなかすいた?」ですよねー🍙
    だって、伝えたいのは「おなかすいたよぉ」だから

    「あー 肩こったよぉ」と言ってる部下には、「肩こってるんだね」ではなく、「ありがとう😊」かな 伝えたい気持ちは「こんなに頑張ってるんだから認めてよ」かもしれない

    年ごろの男の子が「おまえ ださい髪だな」って言ったら、きっと真意は「おれ おまえが気になるし💕」だよなぁ この場合、「ださいと思ってるんですね」ではなく、「あんたに 言われたくない💕」が正解だったりするのかなぁ

    ホントに伝えたい感情は、言葉にさえならないこともあるんだろうなぁ

    1. TANPOPO CHIEさん、初めまして(^ ^)

      コメントを拝見して驚きでした。
      私ならば…「ご飯なに?」には「何でしょう〜?」と返すくらいしか思いつかず、本当に色んな考え方があることを体感しました(^ω^)
      突然すみません。勉強になりました。
      ありがとうございます☆

    2. Author

      妻「今日の夕飯何にする?」
      夫「今夜は外食しようか?」
      が正解なことが多い気がします。「今日は家事疲れちゃったな」という意味だったりして。お二人ともありがとうございます!

    3. 平賀佳奈さん はじめまして😊 コメントありがとうございます 勉強に…なんていうほどのものでもないですが、嬉しいです❗️
      日常生活では、気持ちのすれ違いだらけかもぉ 感性磨いていきたいなぁと思います✨
      よろしくお願いします💕

    4. 事務局さま
      妻「今日の夕飯何にする」
      夫「簡単なものでいいよ」
      妻「うーん 冷蔵庫なにもないなぁ」
      夫「あるものでいいよ」
      妻「そういえば、お弁当屋さん開店したんだって」

      夫 ← 気づきましょう!
      妻 ← 正直に言ってみよう!

      かな?

    5. 感情の伝え返しに、決まった正解はない感じですね。その人、その時、気分、誰に対してなどなどによる。まさに、つながってるか感じるところになるんだなと思いました。
      なんとなくやってるコミュニケーションを確認してる感じで、このサイトも、コメントも、勉強になってます。

    6. なぁーなさん
      その人の その時 その気分 が、ちゃんとキャッチできれば、正解なのかも✨ って 思いました


  8. 伝え返しは「感情」に対して使う
    これこそが本質だなと感じます。
    人と人の心の繋がりは、それだけ気持ちの交流があるかだと思いました。

  9. 話した内容を返すだけでなく、どこに感情が籠っているかをよく観察することが大事なのですね。

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!