4)傾聴の態度

4)傾聴の態度

傾聴をする時の態度は会話の内容よりも重要です。例えば、喫茶店や電車の中で見かける人たちが傾聴をする人だと思って見てみてください。どういう人に傾聴してもらいたいと思うでしょうか?逆にどんな態度の人の傾聴は嫌だなと思いますか?


1.Great Mother

優しいお母さんのような態度で包み込むように傾聴をしてもらえたら話しやすい人がいます。傾聴をして欲しい人の中には拒絶されることや雑に扱われることが怖くなっている人もいます。

「ああ、この人は僕のことを絶対に否定しないな」そう感じる人になら思ったことを話せるんです。(高校2年生)

注意が必要なのはGreat Motherをやろうとしすぎると「よしよし、怖かったでしょう?」のように態度が芝居がかってわざとらしくなります。傾聴における態度とは「あり方」ですから、そういう演技をするのではなく、そういう人になることを心がけてください。

1)決めつけずに待っている態度

子供の話を聞く時には「正しさ」「理屈」よりも「ああ、そういうふうに考えたからそうなったのね!」という子供の中で起きていることに関心を持つことが大事です。結論を急いだり、決めつけたりせずに待っていてくれる態度が話し手を楽にしてくれます。

トットちゃんの中で子供の頃の黒柳徹子さんが学校を退学になり、たどり着いた学校で出会った先生が何時間もトットちゃんがもう話がなくなってしまったと思うまで話を聞いてくれました。傾聴とはそういうものかもしれません。

 

2)絶対的に肯定してくれる態度

愛情深いお母さんは子供がどんなに間違った考え方をしていても子供の側に立って応援してくれます。話す内容や考え方の良し悪しやできる/できないよりも「あなたのことが大事」と思っているからです。そんな態度で接してもらえると安心して話をすることができます。

「叫んではいけない」と言わず「なぜ、叫ばなくてはならない状況なのか?」を聴いて欲しい。「暴れてはいけない」と言わずに「なぜ、暴れてしまうほど苦しいのか?」を聴いて欲しい。誰も好んで問題行動を起こしたいわけではないのです。問題行動の背後にある苦しみを聴くのが傾聴における大事なポイントです。

 

2.大賢者

包容力よりも知識と知恵を持って話を聴いて欲しいこともあります。物語の中で主人公が安らぎではなく、未来を切り開くために大賢者のもとを訪れるように話をする人は道を示して欲しいと願っています。

大賢者からのメッセージは時として意味不明です。「お告げ」のような形ですぐには意味がわからないものもあります。そのメッセージを主人公自身が紐解くことに意味があるからです。それは困った時に聖書の一節を読むと未来への道が見えてくることにも似ています。傾聴をする人は問題を解決する必要はありません。話し手を支え、励まし、承認する態度で接することで話し手自身が答えを見つけ出せるように手伝ってあげれば良いのです。

 


3.聴衆

話し手が舞台でスピーチをする時に大勢の聴衆は舞台の下の席に座っています。話し手の言葉が詰まってもアドバイスすることも質問を促すこともできません。ただ、話し手に力を送るように見つめ、うなづき、話し手が話しやすい場を作るだけです。本編で学びますが、素晴らしい傾聴を分析すると聞き手が話している時間は概ね1割弱です。話し手の構成力を信じ、表現力を信じる態度で言葉を使わずに先へと促すのです。

 


4.態度を学ぶには例えが大事

以前傾聴の勉強をしていたことがありますが、「自己一致」「共感的理解」といった言葉が先行して、実践することができませんでした。「うなずき」や「あいづち」のようなスキルはともかく、態度に関してはお手上げでした。この例えという考え方に出会ってから、「Great Motherのようにすれば良いんだ」「聴衆となってしっかり話を聴こう」と実行しやすくなりました。(50代 主婦)

態度は小手先の仕草やセリフから出てくるものではありません。全体から醸し出されてくる雰囲気のようなものです。それを身につけるには「それになったふりをする」のが一番です。Great Mother、大賢者、聴衆の3つだけでも十分ですが、自分の傾聴のスタイルにあった例え(メタファと呼びます)があると良いですね。

関連記事)傾聴の態度を鍛える演習


▼「傾聴の態度」まとめ▲

ここでは「傾聴の態度」についてご紹介しました。

  • 傾聴の態度
  • Great Mother
  • 大賢者
  • 聴衆

傾聴の態度は「Great Motherや大賢者のフリをすることで養われます」です。

ページ下にあるコメント欄に「感想」や「質問」をお寄せください。
「オンライン傾聴講座」は皆さんとの交流によって作られています。よろしくお願いします。

 


「5)共感的理解」も読んでみてください

傾聴をしたり、相談に乗ったけれど2回目に繋がらなかったことはありませんか?多くの人は「共感」のところでつまづいています。人は相手がどれくらい深く共感しているのかを推し量ることができます。傾聴をする時に絶対にしてはいけないのが「嘘くさい共感」です。話し手は「共感が浅い」と思った時点で話す気が無くなってしまうからです。これは特に親子間でよく起きます。子供が学校でLINEやスクールカーストなど親が理解できていないしがらみで困っているのに「わかる」と言われても「わからないでしょ?」と思われてしまいます。次回は「本当の意味での共感的理解」について学びます。

21件のコメント

  1. たんぽぽ ちえさんへ
    すごく、いいねー。
    大賢者は、大変だねと気持ちを受け止めより、これを乗り越えたらスッテップアップしていることに気づいてほしい。
    私は、気づかなかった。いいと思います。
    これは、役でなれるのだろうか??
    私自身が、うまくいかない時、大変な時こういう風に考える傾向がないと、いざその場になってそういう思いや言葉がでてきにくいだろうなと思った。
    私も成長しないとですね💛

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!