社会から排除される感覚

社会から排除される感覚

メンタル不全を持っていると不動産を借り難くなります。元気な人からしてみたら、「当たり前のこと」と思うかもしれません。傾聴において大事なのは99.9%の人が知らない側面を理解することです。当たり前と言われることは多くの人が理解しているから傾聴の余地があまりありません。マイノリティーの側の立場を考えることはとても大事です。

 

1.感覚過敏、アレルギー

花粉症の人とそうでない人を比べてみるとわかりますが、花粉症の人にとってはマスク、目薬、内服薬、ティッシュなどが必需品です。花粉が舞っている期間は集中力も落ち、時として絶望的な気分にすらなります。

一方で花粉症がない人はその感覚がありません。「鼻風邪」と同じ、、、くらいの感覚かもしれません。洋服に花粉がついた状態で部屋に入ってこられるだけで、それから1時間が台無しになってしまう人もいます。部屋が暑いからと窓を開けたら、花粉症の人にとっては大変なことです。

あえて、理解しやすいところから書き始めましたが、化学物質に反応してしまう人。聴覚過敏と言って、音の聞こえ方が過敏な人。さまざまな人が世間にはいます。でも、理解がない社会では「めんどくさいひと」「うるさいひと」のように煙たがられてしまいます。

 

2.長年の文化、習慣

日本人はだいぶ昔から服を着て生活をしています。靴を履いて、外出することになっています。世界を見渡せば、裸に近い状態で暮らしているひともいます。もし、明日から下着だけで生活してください。といわれたらどんな正しい理屈をつけられても生理的に非常に強いストレスを感じます。

生活に根ざした習慣には非常に強い条件付けがあります。場合によっては信念やその人の存在自体と密接につながっていることもあります。神様を信仰しているひとが神様を冒涜しているように受け取れる言動は理屈ではなく、生理的に受け止めにくいものがあります。戦時中、占領した国に言葉や文化を強いるのもそういう意味で生きる意味が根底から変わってしまうような出来事であったひともいるのではないかと思います。

左利きのひとに「肘が当たって食べにくいので右利きに矯正してください」と正論を並べて訴えることは多分できます。恐怖を感じるのはそれが当事者にとってどれほど重いことなのかを理解せずに表面的な正論で押し切られてしまうことです。

メンタル不全者や性的マイノリティの人、被害者、被災者、障害者、高齢者、有名人、さまざまな少数派の人たちが理解されないまま尊厳を奪われたり、苦しい思いをしています。

 

3.転換点での理解

受動喫煙の問題を回避するために喫煙後45分間エレベーターに乗れない。というルールを作った行政がありますね。喫煙習慣がある人は喫煙するたびに5階分の階段を登って、ハアハア言っていました。でも、その人たちがタバコを吸い始めた時期は「タバコがかっこいいもの」のように宣伝され、社会も無知なままその人をニコチン依存にしたのではないか?タバコを吸う人を擁護するつもりはありませんが、スマホ依存の人に税金10倍のような政策が作られても文句が言えないという意味では怖いことだと思います。

難しいのはいつ自分がマイノリティになってしまうかわからないという点です。

私の仲間にも受動喫煙で苦しい思いをしている人がいます。だからこそ、受動喫煙の人の苦労も理解してほしい。だからといって、喫煙者を有無を言わさず排除して良いものでもないと思うのです。

 

4.理解というプロセスがない

多くのこういう問題は相手を知らないままチカラで押し切ってしまいます。マジョリティーの人がマイノリティーの人の都合や気持ちを理解することなく、正論と数で一気に飲み込んでしまいます。傾聴の話題になるのは常にその「理解のなさ」です。

親子関係がうまくいかない家庭に共通しているのもこの理解のなさです。

圧倒的に強い親が子供が住んでいる学校などの環境や時代を考えずにルールを決めて、子供を追い込んだ結果として不登校などの問題が起きています。ポイントなのは親が言っていることが間違っているのではなく、「理解」の上に成り立っていない点です。子供にとって重要なコミュニケーションツールであるゲームに制限をかけた結果、学校に行けなくなることもあります。それは社会から排除される感覚に近いことすらあります。

大事なことはお互いにとってどれくらいの負担になるのか?どれくらい理解し合っているのか?ではないかと思います。傾聴は相手の気持ちを聴く技術です。負担を強いる側が10だと思っていることが相手にとって1000のダメージになることに気づく力でもあります。

特に「自分はマイノリティになったな」と感じた瞬間、社会の無理解に反論すらさせてもらえずに飲み込まれる感覚は絶望的、生きた心地がしません。それを理解できる99.9%ではない0.1%が聴き分けられる人に是非なってください。

 

 

3件のコメント

  1. 傾聴勉強中の私さんへ
    ステキなおなまえ! 勉強中って、なんかいろんなものが自分の中にたまっていくイメージ😊
    笑顔がまわりの人を笑顔にできれば、しあわせですねー🌼

  2. モディでお菓子屋さん
    短期で今日働きました
    笑顔でいると
    お客様も笑顔で
    表情はとても大切だなと
    感じました。
    職場のお菓子屋さんは
    他の場所でも販売していましたが
    他のスタッフさんもとても楽しそうに
    働いていました。(視察しに行きました)
    感情って伝わりますね。改め実感しました

    1. 傾聴勉強中の私さんへ
      笑顔でいるとお客さんも笑顔で😃💕
      そういうのいいですね。
      私もそう思います。
      お互い『私が笑顔でいてること』大切にしましょ❤️

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!