メンタルヘルスのための傾聴スキル

メンタルヘルスのための傾聴スキル

最近、ストレスチェック制度ができましたね。ストレスチェック制度ができた由来としては、職場でのメンタルヘルスに問題があるからです。今回はメンタルヘルスにも傾聴が効果を発揮することをご紹介します。子どもや部下がいる方、必見です。


1.メンタルヘルスとは

メンタルヘルスとは「心の健康」のことであり、特別な精神疾患を患う人の問題だけに限定されるものではありません。心の病気にかかっていなければ健康であるとは、必ずしも言い切れないからです。「心が健康である」とは、前向きな気持ちを安定的に保ち、意欲的な姿勢で環境(職場)に適応することができ、イキイキとした生活を送れる状態のことを指します。


2.あなたのことが大切です

子育てや仕事の現場では、傾聴に長時間を割くことは厳しいと思います。そこで、日々のちょっとしたやり取りを工夫するだけで、かなり改善されます。「最近どう?」「何か変わったことない?」「困っていることがあれば、直接でもいいし、メールでもいいし連絡が欲しい」このような一言があるだけで、見守られている安心感があります。このような言葉にはすべて「あなたのことが大切です」というメッセージが込められていることで効果が倍以上になります。そして、子どもや部下が本当に助けが欲しい時はじっくり話を聴いてみてください。「最近どう?」のようなコミュニケーションが出来ていれば、傾聴もスムーズに入っていくことができます。

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!