傾聴の心得 5つ

傾聴の心得 5つ

傾聴を学んでいる人や傾聴がうまくいかない時にこの心得を参照して、参考にしてください。

心得1 基本姿勢

自分の心は相手の心に大きな影響を及ぼします。傾聴をする前に「傾聴にふさわしい自分」をしっかり作ってから望むように基本姿勢を整えることを忘れないでください。揺れた心のままでは傾聴はできませせん。
[bc url=”https://shinri.online/?p=1632″]

心得2 情報ではなく気持ちを聴く

傾聴とは情報収集ではありません。相手の人の言葉にしにくい気持ちを聴くことです。理屈っぽくなると傾聴が尋問のようになってしまいますので、気持ち、感情に寄り添う傾聴を心がけたいものですね。

[bc url=”https://shinri.online/?p=1643″]

心得3 共感しようとしてはいけない

共感することは傾聴のゴールだと言えます。しかし、話を始める前から「わかりますよ」という顔をしていませんか?共感を意図的にしようとしたり、テクニックだと思っていると空回りをしてしまいます。

[bc url=”https://shinri.online/?p=763″]

 

心得4 個人的な話を聞く

一般論で「うつ病の人はこうだ」「不登校の人はこうだ」と決めつけられたら傾聴される方は話ができません。私個人の物語を聴いて、受け止めて、理解してほしい。それが傾聴をしてもらいたい人の思いです。

[bc url=”https://shinri.online/?p=947″]

 

心得5 観察力を十分に発揮して!

話し手の人は言葉、仕草、呼吸、イントネーションなどさまざまな表現で気持ちを伝えようとしてくれます。観察力を十分に発揮して、些細なメッセージも見逃さないようにしたいですね。

[bc url=”https://shinri.online/?p=779″]

 

告知)場に慣れてきたらオンライン練習会

初心者からベテランまでが参加しています。その日の状況によって、組み合わせを決め、傾聴練習をします。上手な人と組めば、一気にレベルアップしますし、慣れない人の話を聴くことも実践的な練習になります。

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!