最も簡単な傾聴マスター法

最も簡単な傾聴マスター法

傾聴をマスターするにはコツがあります。それはスポーツにとてもよく似ています。簡単にマスターできる人もいれば、どれだけ頑張ってもマスターできないのも傾聴です。そのマスターのコツをご紹介します。

1.簡単なのは体験

スポーツをマスターする時に一番簡単なのは最初に「これが正解」という身体の動きを体験してしまうことです。スポーツが苦手な人は間違ったフォームで繰り返し練習して悪い癖をつけてしまったり、一流の人と関わるチャンスがないせいで「正解を見たことがない」ということもあります。

傾聴を学ぶなら師匠選びが一番大事です。できない人から教わってもそれをコピーするだけだからです。

師匠選びさえうまくいけば後は簡単です。師匠の傾聴をよく観察して、追体験していくです。
この方法が最も簡単で短期間で傾聴をマスターすることができます。早い人なら2日ほどで上手に傾聴ができるようになります。

 

2.簡単な例え

スポーツの動きもそうですが、指示が複雑だとその通りに動けません。簡単な例えを聞いてその雰囲気で振舞っていたらうまくいった。それが何かを学ぶ時のコツです。傾聴もその例外ではありません。「ここでうなずいて、、、」のように細かく学ぶより、自分が演説を聴きに来た熱心な聴衆だと思って聴くだけでうなずきは量や質ともに適切なものになります。

マスターする時に上級者が簡単な例えを使いながら導いているほどマスターできる確率は高いといえます。

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!