傾聴の資格の取り方のコツをご紹介します

傾聴の資格の取り方

今回は傾聴の資格の取り方についてご紹介します。

この記事をご覧の方は資格に興味がある方かと思います。
本格的に資格取得を目指している方、資格があれば転職・就職に有利と思う方、この団体の資格はどういった内容?など…

資格の価値は日々高まっており、新しい資格も多く誕生しています。
また新しいビジネススタイルや生活スタイルの変化で突然注目があつまる資格も多いです。

資格の本当の価値は難しいものです。

医者や弁護士のようにその資格だけで高収入が期待できる(最近は厳しいようですが)資格は別として、単純に資格だけで価値は判断できません。 資格を取得し、その資格を活かしてどのような仕事をするかでその資格の価値が決まってきます。

人によっては資格に費やした時間の何十倍ものリターンを受ける人や、資格に時間やお金をかけて取得しても全然活かせない人など様々です。

資格取得は目的へのとても重要な第一歩であり、この一歩を踏み間違えると最終的に違った方向へと行きかねません。みなさんの傾聴の資格の取り方に参考になると幸いです。


1.傾聴の資格の取り方の種類

講義→認定、修了証授与→資格取得

というのが大まかな資格の取り方の流れです。講義の中にロールプレイがあったり、実践レポートや課題レポートの提出が求められたりします。地方自治体の講習に参加して資格取得もできます。カウンセラーの資格は講義の後に筆記試験やカウンセリングの実技試験があります。傾聴の資格は他の資格と比べると、取得しやすく、取得期間も短いのが魅力です。


2.あなたに合った資格を取るために

冒頭でも書きましたが、傾聴の資格を取ることがゴールではないはずです。「傾聴の資格を取ろう!」と思ったきっかけや思いにもう一度立ち返ってみると、自然と自分に合った傾聴の資格の取り方も決まってくると思います。「子どもの心の声が聴きたい」「夫婦関係で悩んでいる」「仕事の取引先やお客様ともっとコミュニケーションを取りたい」「傾聴ボランティアとして施設にいる方の気持ちを楽にしたい」こんな思いに立ち戻ると「なるべく早く取得したい」「時間はかかっても深く学びたい」「子どもやお客様に傾聴することを想定してロールプレイがあるところがいい」「ボランティアとして活躍したいから、施設の斡旋もしてくれる機関で取りたい」などと自然に資格の取り方を決まってきます。中には「あれ?資格なくても傾聴が実践的に学べればそれでいい」と思う方もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのは傾聴講座@町田です。ご興味ある方は下もご覧ください。

傾聴講座@町田

傾聴講座 町田 第1期1日目

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!