人気の資格に埋もれないために~傾聴で差をつける!!~

人気の資格に埋もれないために~傾聴で差をつける!!~

人気の資格として挙げられるものは、医療事務などの医療関係からフィナンシャルプランナー(FP)や宅建士、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)やボールペン字講座まで様々あります。それらの資格を取ることで就職やキャリアアップに繋げる意気込みは素晴らしいですが、ちょっと考えてみてください。
人気の資格であるということは、それだけライバルも多いです。同じ資格を取っている人は多いのです。そこでどうやって周りと差を付ければよいでしょうか。
それは人としての在り方であり、コミュニケーションの取り方で企業から必要とされるかどうかが変わってきます。。
そして傾聴を学ぶことは、その在り方やコミュニケーション能力を育むことに繋がってきます。

1.どんな人が必要とされるか

人気の資格は、同じような仕事に就こうとすれば誰もが同様の資格を履歴書に書いてきます。
採用担当の目に留まるためには、この人は我が社に必要だと感じてもらう必要があります。
面接などにおいては、まずは話を聴いて、話し手の意図を理解することができるか、さらには企業の想いを受け止めて、それに応えようという姿勢を見せることが出来るかどうかです。

2.人だからこそできること。

人と人がトラブルを抱えるのは、みなそれぞれ違う世界観を持っているからです。傾聴を使い、話し手の個人的な世界観を理解することで、相手は心を開いてくれます。こうした人の心と心の繋がりを作っていく能力を鍛えることができるのは傾聴です。
資格を持っているだけでなく、その資格を通して人と人との心の繋がりを創生出来る人こそ、周りとの大きな差を生むと言えます。資格で仕事をするのではなく、人として仕事をするからです。

 

沢山の時間と予算を投資して手にしたその資格、周りとさらに差を生むことができる傾聴に挑戦してみませんか?
傾聴で、資格の価値が何十倍にもなることでしょう。

傾聴講座はじめます。https://shinri.online/?p=870

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!