資格コレクターを卒業しよう!~資格取得を傾聴でエンパワーメント!!~

資格コレクターを卒業しよう!~資格取得を傾聴でエンパワーメント!!~

資格取得しても上手く転職や収入アップに繋がらないことがあります。どうしてでしょうか。
傾聴は、資格取得で手にする外面的な信用をエンパワーメントする効果を持ちます。
資格ばかり増えて新たな仕事に繋がらない資格コレクターになってしまっている方には
傾聴がオススメです。

1.資格取得で手にする信用

資格を持っていると有利、と言われます。資格それ自体が肩書として社会的信用に繋がります。行政書士や司法書士のように『専門的な知識を持っている』という証明が信用となり、職を得ることもできますし、簿記やマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)のように『能力を手にしている』という証明が信用となり、仕事を任される場合もあるでしょう。

2.肩書を背負う自分自身は?

せっかく手にした資格が仕事に繋がらない場合は、その人自体が信用されていないことになります。いくら沢山の時間を机に向かって勉強しても、見栄えの良い肩書を背負ったとしても、その資格を手にしたその人自体の信用が低く、仕事を任せたいと思ってもらえない限り、新たな仕事やキャリアアップを手にすることは難しいです。

3.傾聴で得られる信用

傾聴を使うと、相手を深く知り、心と心で繋がることができます。人は「気持ちを理解してもらえた」と感じた時、相手を信用したいと思います。そして傾聴は、相手が真に欲していることを心の奥底の気持ちから理解することができるので、そのニーズにどう応えれば良いかということが、おのずと見えてきます。
傾聴は、資格取得で外面的に手にした信用を、内面的な信用に繋げることが出来るコミュニケーションのツールと言えるのです。

大きな投資で手にした資格の価値は、コミュニケーションによって何十倍もの価値となります。
傾聴は、コミュニケーションを深める重要なツールと言えます。
傾聴講座はじめます。https://shinri.online/?p=870

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!