傾聴とNLP

NLPと傾聴

カウンセリングやコーチングなどで良く使われている「NLP」という心理療法があります。傾聴を取り入れる事で、NLPの効果をより高める事が出来ます。

⒈NLPとは 

NLP(神経言語プログラム)とは、1970年代にジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーによって、当時人気があった心理療法の良いところを集めて作られた心理療法です。それ以降も、さまざまな方法を取り込みながら発展しています。NLPには多くの派閥があり、それによって採用されているテクニックや日本語訳も異なります。

2.NLPと傾聴の関係性

NLPと一口に言っても、多くの派閥があるので当てはまらない場合もありますが、NLP自体はあまり傾聴を重要視していません。創始者の一人であるバンドラーもその著作の中で、NLPに傾聴というスキルは無いと書いています。だからと言って、NLPに傾聴が必要無い訳ではありません。傾聴を取り入れる事でよりNLPの効果を高める事が出来ます。それでは、どのような時に傾聴が必要なのでしょうか?

3.傾聴でNLPの効果を高める

NLPの重要な考え方の1つに「アウトカム」というものがあります。アウトカムとは、そのアウトカムが達成された時に、何を見たいか、何を聴きたいか、何を感じたいかという観点から定義された「求める結果」の事です。アウトカムを設定する為には想像力を働かせる必要がありますが、悩んでいる人の中には自分で思い浮かべる事のできない人もいます。悩んでいる人がどのような価値観や世界観を持って、どのような事を望んでいるのかをしっかりと傾聴する事で、適切なアウトカムを思い描く事ができるようになります。
また、悩んでカウンセリングに来るような方の中には、まず自分の不安や心配をしっかりと聴いてもらいスッキリする事で、初めて次のステップに進めるという方もいます。NLPに入る前の前段階で、傾聴が必要な場合もあるでしょう。

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!