日大アメフト部の事件で思うこと

日大アメフト部の事件で思うこと

「ああ、傾聴出来る人がいればなぁ」と、思いました。
アメリカンフットボールの日大と関学大との定期戦で、日大の選手が悪質な反則タックルで関学大の選手にケガを負わせた問題が話題となっています。
「監督、コーチからの指示があったか」が争点となり連日ワイドショーでも取り上げられていますが、
傾聴をする立場として私が思うのは、選手と指導者との間で心が繋がっていなかったことが一番の問題ではないかということです。

 

精神的に追い詰められていたという選手

「今後ずっと練習に出られないとか、そういう状況にはなりたくなかったっていう気持ちです」と会見で語っていましたが、反則を犯した選手は、日本代表にも選ばれる優秀な選手だと聞きます。
ただのアメフト部員ではなく、将来を期待され、その道でキャリアを形成していこうという選手です。
そんな彼が、試合に出させてもらえない、練習にも出させてもらえないという状況下で、このままではアメフト選手としての将来が消えてしまうと、恐怖を感じていたのでしょう。
そんな追い詰められた彼が練習に参加する条件として、「相手選手を潰せ」「相手がけがをしていたらこっちも得だろう」「できませんでしたじゃ済まされないぞ。」などと言われ、今回のプレーに至ったそうです。
追い詰めらていたこと、さらには指導者との関係性もあったことでしょう。
そうせざるを得ない心理状態にあったことが分かります。

指導者としての想い

様々な証言、状況証拠がある中で、指導者としては「ケガをさせろとまでは言っていない」とのことでした。
今回、彼を練習に参加させなかったのは「やる気が感じられない」「闘志が感じられない」ということからでした。
彼の将来を期待して、日本を代表する選手になって欲しい、もっと人間として成長して欲しいという想いから練習に参加させなかったり、『潰す』ような強いプレーで闘志を溢れさせようとしたのでしょうか。
追い詰められた状況から反骨心を育てる方法はあるかと思いますが、意図せず「ケガをさせなければ」と考えさせるまでに追い詰めてしまったとすれば、それら全てが彼に対しての適切な指導方法ではなかったと言えますし、
そもそもアメフトでよく使われるという『潰す』という言葉の解釈に齟齬が起きてしまうとなると、コミュニケーションが足りていない状態、心が通じ合っていない状態にあったと言えます。

 

一言で防げた今回の件

監督やコーチは指導のために厳しい態度を取ることはもちろんです。
そのことが選手とのコミュニケーションが足りない状況になることは致し方ないかもしれません。
しかし、間に立って両者の気持ちを聴くことができる存在がいればどうでしょう。
もし選手が実際に「ケガをさせなければ」と誤った解釈をしていたとします。
そこで、選手の不安、追い詰められて苦しい気持ちなどを傾聴することで、「冷静になればケガさせろとまでは言っていないかもしれない」と「ケガをさせなくても、また練習に参加できるようになるかもしれない」などと捉え方を変えることができます。
また、指導者が「本当は期待しているからこそ厳しく接しているんだ」ということを伝えてあげるだけで、選手はどれだけ安心することでしょう。
本当に今回の反則の原因が『潰せ』という言葉の解釈の違いで起こっているのであれば、
「期待しているから厳しいんだぞ」という一言が事前にあれば、そこまで追い詰められることはなかったことでしょう。

 

適切な指導は心を聴くことで分かる

練習に参加させず、闘志を見せろというやり方で、成長する選手もいるでしょう。
しかし、今回はそのことが彼を「ケガさせなければ」というほどまでに追い詰めてしまいました。
となれば、アメフトでそうしたケガをさせることが異常なことであるのであれば、今回の指導は彼には適切ではなかったと言えます。
「ここまでは大丈夫」「これ以上はダメ」という見極めのラインは、本人の心理状態に大きく依るものです。
傾聴できる者が、選手がどんな状態かを把握することで、その選手にとっての適切な指導がどんなものか、掴むことができるはずです。

 

また仮にコーチが実際に「ケガさせろ」という意味で伝えていたとします。
事前にコーチのやろうとしていることを傾聴することで「本当にケガさせて大丈夫かな?」と冷静になれる場合もあります。
仮に監督に逆らえないコーチという支配構造がある場合は、組織そのものに問題がありますが、
傾聴が防げる事件はたくさんあります。
世の中に傾聴出来る人が活躍できる場はいっぱいあります。
ここでは傾聴を学ぶこともできますし、
傾聴を使えるスタッフがこのサイトを運営しています。
世の中に傾聴が広まり、多くの人と人の心が繋がればと、切に願っております。

2件のコメント

  1. スポーツはやらないので、よくわかりませんが、傾聴で、他者の世界や気持ちを理解し、つながることができたら、個々の気持ちがいい感じになるだけじゃなく、チーム力もすごくすごくアップすると思う😊
    個々とチームにアプローチする傾聴、傾聴しあうとかのグループワークみたいなのはあるのかな❓

    でも、最近スポーツ界のパワハラ、暴力的なニュースが多いと思う。やっと、表にでてきたんだろうと思うと、一歩進んだとも言える。けれど、オリンピックに向けて、こういうところも健全になるといいな。
    頑張って、頑張って、傷つけられ、つぶされるなんて、あんまりだもん😭

  2. タイムリーな話題ですね。
    「『ああ、傾聴出来る人がいればなぁ』と、思いました」。正に!

    これだけ旧態然とした組織がまだ存在していることが驚きでしたが、一時低迷していた日大のアメフト部が最近また活躍を始めていたことを考えると、どうなんだろうなと。例えば箱根駅伝の青学のように、厳しい中にも自主性を重んじる指導者がスポーツ界に増えてきている昨今から考えると、世の中の動きと全く逆行しているのに結果が出ていたのが不思議です。

    いずれにせよ、言葉足らずどころではない、コミュニケーション不全な状態だったのは残念すぎますね。
    何か一つ、ここで語られているような「期待しているから厳しいんだぞ」というような心が通う言葉かけができなかったものかと。。おっしゃるように、傾聴のニーズが世の中のここかしこにあるはずで、その潜在的ニーズをどうやってこの場に導けるかということかもしれませんね!^_^

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!