傾聴講座 町田 第2期 2日目(感想文4)

傾聴講座 町田 第2期 2日目(感想文4)

5月12日(日)に傾聴講座の第2期2日目に参加してきました。すっかり暖かくなり、午後の時間にはじりじりという日差しを感じながら授業を受けていました。今回の授業で感じたのは、傾聴をすることで、話し手の人生に私がずっと寄り添えるんだということを感じました。もちろん、現実的に話し手とこれから一生一緒にいることは不可能です。しかし、傾聴をすることで、まるで一生一緒にいる感覚を手に入れることができます。これを学べたのは私の人生にとって、とても大きなものになりました。

 

授業では、傾聴練習をしたり、グループで話し合ったりして、講義を一方的に聞くよりも自分の身になった気がします。参加者の方々はそれぞれの職場、家庭、コミュニティーを持っているので、その人その人の興味深い話を聞くことができました。今回は若者がSiriで○○をしているというお話しを聞きました。ここで聞いた内容は、実際に若者に傾聴するときの世界観の理解にとても役に立つものでした。

 

今回の講座で一番盛り上がったのは、○○傾聴というものでした。傾聴は悲しい話だけではなくて、その人が持っているとても楽しい話を引き出して、盛り上げていくことで、傾聴の効果を出すことができることが分かりました。ある参加者さんは、ある芸能人と結婚をして、ハリウッドのレッドカーペットを歩く話をして、とても盛り上がっていました。

講座が終わったときに、盛りだくさんだけれども、濃い内容で、心地よい疲労感を感じていました。傾聴といっても、傾聴している時の効果だけではなく、その後一生続く効果があったり、辛く悲しい話だけではなく、話し手がとっても元気になれるような傾聴があったりと、傾聴の奥深さを感じました。もしかしたら、傾聴をすることで、話し手の人生がガラッといい方向に変わる可能性が大いにあることが分かりました。傾聴は人生と深くかかわっていると実感できました。他の参加者さんとも仲良く同じ時間を過ごすことができ、とても充実した一日になりました。最後には修了証も貰えてとても嬉しかったです。ここで学んだ経験を生かして自分の現場で活躍できるように頑張ります!

 

 

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!