カウンセリングの評判の功罪

カウンセリングの評判の功罪

評判や口コミはお店やサービスを選ぶ時にとても役に立ちます。カウンセリングを受ける時にも事前に評判を知っていたら傷ついてしまったり、トラブルに巻き込まれることを防げるかもしれません。ここではカウンセリングの評判を活用する方法についてご紹介します。

1.危険を回避する

世間には様々なカウンセラーがいます。臨床心理士の資格を持っている人や民間のカウンセリング資格で活動している人。資格を持っていない人もいます。そして、残念なことですがカウンセリングと言いながら悪いことをする人もいないわけではありません。

評判はそんな危険を回避するためにはとても役に立ちます。インターネット上でもさまざまな切り口で評判を見ることができます。先に評判を確認しておくことで「絶対に依頼してはいけないカウンセラー」であるかどうかを知ることができます。ただ、評判を検索する時に注意して欲しいのは悪い評判だけを表示させないようにするサービスがあることです。あるカウンセラーが自分に都合の悪い書き込みを発見したら、「Googleの検索順位を落とすサービス」を提供している業者に依頼するとそのページがGoogleでなかなか表示されないようにすることができます。

逆SEO対策 https://wakarukoto.com/?p=11504

危険回避のために評判を検索する時にはGoogleで1p目に表示された記事だけでなく、100p目200p目に検索される記事も合わせて確認すると削除されたネガティブな評価を見ることができます。

 

2.良いカウンセラーを探す

評判を参考にするのはむしろ「良いカウンセラーを探す」というケースだと思います。みなさんがカウンセリングを受けた時に「このカウンセラーはとても素晴らしかったから記事を投稿しよう」と考えるでしょうか?

悩み自体が解決した人が評判を書き込むことは実はそれほど多くありません。書き込みがあるのは親密なカウンセラーに対してです。家族や友人が頑張っているのを応援したい気持ちに近い気持ちで書き込みをする人がいます。スキルや成果に対してというよりは人柄に対しての書き込みと言えます。

これはある意味で良いカウンセラーを探すヒントになります。多くの人に好かれるカウンセラーならば気持ちがよくカウンセリングを受けられる可能性は高いからです。

 

 

そしてもし可能ならば、その人自身が回復しているかも重要なポイントですね。

 

3.個人差には要注意

カウンセラーには得手不得手があります。「うつ病」の人が元気になっているからといって「摂食障害」の人が元気になるとは限りません。男性を元気にはできるけれど、女性には向かない人。社交的な人を元気にするのは得意だけれど内向的な人には手も足も出ない人。いろいろなタイプがいます。

自分に似た性格、似た症状の人の評価を参考にするようにするとその誤差が減ってきます。万能なカウンセラーは滅多にいませんから、テーマや相性を大事にして探してみることをお勧めします。

 

4.本当の達人は探しにくい

カウンセリングも達人の域に達するとあるテクニックを使い始めます。それは「カウンセラーの力量ではなく、クライアントのチカラで問題が解決した」という演出です。カウンセリングは悩んでいる人を自立させるのが目的ですから、ある程度以上のレベルのカウンセラーは可能な限り手柄をとってしまわないように気を配ります。「先生のおかげで元気になりました」と言われるようでは達人ではないのです。

技が見えないように隠し、人柄が見えないように隠し、成果が出そうになったら手柄をクライアントにもたせて姿を消すのが理想的なカウンセラーです。そうなると評判や口コミでは探すのが難しいですね。達人のカウンセラーを探すには評判ではなく、劇的に元気になっている人の塊を探すのが近道です。「去年までうつ病でしたが、今では、、、」のような人がどこで元気になったかをたどると達人に出会えるかもしれません。

 

 

 

 

2件のコメント

  1. なるほど。。。と思った。
    カウンセリングの口コミって、こんなにいろいろ要素で、難しいものなんですね。
    人間ってそう動くんだと知ることができて、興味深い。面白い。

    上記の内容で、危険の回避、個人差、理想のカウンセラーについて知り、自分に合ったものを選ぶには、自分と似ている人が、良くなっているというのが、ポイントとわかった。
    カウンセラーを選ぶときだけじゃなく何かを選択・決める時には、自分に力が必要だと思った。
    自分に合うものを知る、人間観察力、感性・直感、そして、決断力。
    それには、落ち着いた心がやはり大切なんだと思った。人との出会いがないと似た人に会えないか、あと、合うを知るにはいろんな経験が必要だろうな。
    うわー大変だ!!難しー。
    これができる人は、カウンセラー必要ない??
    ここまで、書いて思ったことは、失敗・成功なんてなく、いい思い、嫌な思いして、いろんな経験をして、学んでいくことかなと。
    なんか、カウンセラー選びから、いろいろ考えちゃった。

  2. むむ!どちらも深い内容ですね!
    逆SEO対策か。そんかものがあるんですね。
    そして達人のカウンセラー。
    なんだかドラマや漫画の世界みたいですが、かっこいいですね!
    「助けていただきありがとうございます!せめてお名前だけでも!」
    「あ、私ですか?そんな名乗るほどの者ではござぃません。ただの通りすがりのカウンセラーです」
    みたいな!
    かっこいいー!

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!