催眠療法

催眠療法

インターネットで催眠療法と検索するとたくさんの記事が出てきます。注意していただきたいのは催眠の全体像がわかっている人が書いている記事がほとんどないということです。多くが「自分が習得したものが催眠療法だ」と信じています。

1.変性意識状態

多くのカウンセリングや心理療法では変性意識状態が出てきます。

変性意識状態というのは実は定義が非常に曖昧です。いわゆる催眠状態、ランナーズハイ、ゾーン、瞑想など「ふつうの意識じゃない状態」くらいの意味合いで使われることもあります。

カウンセリングにおいて重要なのは催眠状態かどうか?ではなく、望む変化が得られるかどうか?ではないかと思います。そして、一般的な人の傾向として、意識的な時よりも変性意識状態になっている時のほうが望む変化に至りやすいのです。

それには幾つかの理由とアプローチがあります。

 

1)批判力の低下

人が変わることができない一つの要因に論理による監視があります。悩みについて考えるうちに理論武装のような状態が続き、論理的に隙間をついて変化を起こすことが難しくなってきます。

「それは試しました」

「それをやってもダメだったんです」

このように論理に阻まれるので変化しにくくなります。この状態で変性意識状態を使うとどうなるかというと「これはダメだ」という論理、批判力が低下します。催眠療法はこの批判力の低下を使っていることがよくあります。

ミルトン・H・エリクソンが好んで使ったテクニックの一つに混乱技法があります。

混乱させることでクライアントを変性意識状態に誘い、批判力を削ぐのです。ある種のボーっとした状態でかろうじてエリクソンの言葉を理解できるような状況下では論理的なブロックが弱くなります。それを利用するのが催眠療法の一つの切り口です。

 

2)たとえ話

みなさんは千と千尋の神隠しをご覧になったことがあるでしょうか?お父さんとお母さんが豚になってしまう。その直後、千尋は悩みます。この時点でこの問題をロジカルに解けますか?どう考えても「もう無理だ」という考えに近い答えしか出てこないはずです。

でも実際に物語の中では

  1. ハクの助けを借りる
  2. かまじいの助けを借りる
  3. 湯屋で働かせてもらう
  4. リンに味方をしてもらう
  5. おくされさまに対して、、、
  6.  ・・・略

と途方もない段階を経て、お父さんとお母さんを取り返します。

人生やビジネス、社会運動、芸術など結末を見通せないものは実はたくさんあります。大事なのは見通せる力ではなく、見えないままでも進める力です。たとえ話は途中のステップを飛ばして、問題が解決した場面などをいきなり想像させてくれます。映画の中で千尋が問題を解決すれば、映画を見ていた人もんぜか自分の問題も解決できるような気がしてきたりします。

論理的には手詰まりの局面でもたとえ話の中で解決を味わえるとイメージが変わります。その結果として、問題を突破してしまうこともあるのです。催眠療法ではこの物語の力を使うこともあります。ストーリーを使うもの、メタファと呼ばれる例えを使うものなど色々な種類があります。

 

 

これら変性意識状態の一例を見ていてピンとこられた人もいるかと思いますが、変性意識状態は日常的にあります。素敵な夜景を見た時、映画を見ている時、ウトウトしている時、高速道路を走行している時、強い衝撃を受けた時、リズムを崩された時、混乱した時、、、この変性意識状態を使っていることを催眠と呼ぶならば、催眠療法は「儀式的なもの」と「非儀式的なもの」があると言えます。

 

2.傾聴の中にある催眠

傾聴やカウンセリングをしている中で注意深くクライアントさんを観察しているとあることに気づきます。それは催眠療法を使って、技をかけるようなことをしなくてもごく自然な傾聴の中にも変性意識状態があるということです。

 

1)ラポールによる批判力の低下

ラポールが深まってくると相手と同調し、相手のことを信じやすくなります。そして、ある程度以上のラポールが構築されると判断力が低下し、「あなたが言うことはすべて正しい」のような感覚になることもあります。いわゆる批判力の低下です。これは傾聴の最中にも起きています。催眠療法を使うまでもなく、深いラポール下では相手を批判的にチェックすることが難しいのです。

 

2)エピソードへの没入

クライアントは過去の出来事や未来の希望などを想像してはエピソードを語ります。それはまるで映画を見ているように映像を使ったり、音やセリフ、身体の感覚まで駆使して思い出し、語ります。そして不思議なことにその人が話しているエピソードがその人の抱えている問題に作用します。

数学の問題の話を一生懸命にしていたはずが、いつしか熱中しすぎて変性意識状態になり、その瞬間に以前から気にしていた仕事の問題がパッと解けたりします。たとえを自分で言って自分に効果を出せる場合があるからです。

 

3.催眠療法の種類

催眠療法にはたくさんの種類があります。古典的な催眠では「指が動かない」のような暗示をかけ、身体の動きや五感などをコントロールします。ミルトン・H・エリクソン以降は指示的ではない催眠が主流になりました。NLP(神経言語プログラミング)の中にも催眠の要素がありますし、物語を巧みに使って催眠状態を作り出す方法の一つに現代催眠などもあります。前世療法や退行催眠などはカウンセリングができなくてもただ決められた文章を読み上げれば良いので安易に使われ、「催眠療法」として商売をしている人も少なくありません。

ただ、ふつうのカウンセリングや傾聴の中に変性意識状態は存在しているので、パフォーマンス的に催眠を使わなくても傾聴をしながら催眠状態になっていくクライアントさんを観察していれば十分に変化を起こすことができます。

カウンセリングのゴールがクライアントさんの生活の変化や気持ちの解放などなのであれば、催眠療法の儀式的な部分は実は重要ではありません。指示的に誘導しなくてもクライアントさんが自分の物語を語りながら、ゆるやかに催眠状態に入っていってしまうからです。

 

オンライン傾聴講座に参加している皆さんに覚えておいていただきたいのは

催眠療法を使おうと意気込まなくても人は簡単に催眠状態になって、漂っているということです。そして、傾聴のプロセスの中でもそれはよく起きます。だからこそ、慎重にクライアントさんを観察し、その状態を把握している必要があります。傾聴の中で人が元気になる場面には必ず、意図しない変性意識状態が隠れています。これが意図できるようになると傾聴の質が全く違うものになります。

ぜひ、変性意識状態に敏感になって、一段上の傾聴を試してみてください。

 

14件のコメント

  1. この記事を改めて読んで一つ分かったような気がしました。
    「大事なのは見通せる力ではなく、見えないままでも進める力です。」
    僕は、このことがずっと苦手だったんだなと。出口の見通せる仕事をそれなりにこなしてる中で、時折現れる先の見えない仕事。。その意味は。。やってもやっても襲われる徒労感。。隣の芝生も青く見え始め、自分の能力が信じられなくなり、そこで仕事に関わっている自分の存在・居場所にも。。
    そうして、潰れてしまったのかもなと。。
    手詰まりの状況で、色々と批判的に考えた結果、もう無理だ。。と。
    そこで変性意識。。
    なんか分からんけど、とか、まあ深く考えんともうちょっと待ってみようか、とか、なんとかなるんじゃない?なんて、ボーッとして、鈍感になってやり過ごせたんではなかっただろうか。。
    よし、日常の自分への変性意識の導入!
    論理的な思考はこの際、ちょっと脇に置いておこう!^_^

  2. 変性意識という言葉をこのページで知り、私は、皆さんのコメントを読んでもいまいち、ピーンと思い当たる体験がよみがえって来ず、皆さんのコメントをいいなー、すごいなーと思っていたのです。
    今日、これじゃないという体験できました😄
    なんてことはない、NHKの朝の連ドラ『半分、青い』をまとめて何日分か見ていて、主人公の女の子が、片耳聞こえなくなり、母が子を思い 、不安定な気持ちになってるところに感動して、これだ‼️と思ったのです。たぶん、これです😄
    これだったら、今まで、山のように体験してきてるね❤️
    変性意識いろいろ探って、活かしていければいいと思う。

  3. 事務局さま
    あたってたかな😊 不思議な感覚ですね 変性意識状態 私の場合、ほろ酔いのような、恋人と話してるときのような、気持ちいい感覚💕があり、その後しばらく高揚感を味わったりするかなぁ
    変性意識状態と意識を行ったり来たり うーん🧐
    子どもたちのお話聴いてあげてると、話し始めてのってきて、話して話して話し尽くして、ふうっと息をはく瞬間みたいなのがあって、その後、普通のトーンが戻ってくるのを感じることがあります 話して話して話しているときは、目の前にいるのによそに行ってる感じで、これが変性意識状態なのかな? ふうっと息をはいたあとはこっちにもどってる感じで普通の意識状態なのかな? そんなふうによそとこっちを行ったり来たりしながら、あー いい時間だった🧚‍♀️ってなったら、とっても楽しいような気がします
    わたしにとっては、それが、行ったり来たりです どっちがいいとかじゃなくて、よそも大事こっちも大事、変性意識状態も大事、意識も大事 ちがうかな?

    1. Author

      よそとこっち
      わかりやすくて良いですねー
      恋愛が上手な人はよそに誘うのが上手。こっちで正論ばかり言ってても恋愛にはなりませんからね。子どもたちを夢中にするのも、よそ、が大事かもしれませんねー
      今日は演劇を観てきました。まさによそ。でした。終わった時にあれ今何駅にいるんだっけ?という感じになりました。こうやってやりとりをしている時にもよそに行ったりしているかよしれませんね!
      たんぽぽ ちえさん
      たんぽぽたくさん咲いていますね。いつもありがとう((´∀`*))

    2. 事務局さま
      恋愛は、よそ💕
      ロマンティックですね🌼

    3. Author

      あら((´∀`*))
      ロマンチックは催眠ですかねー
      催眠なのかな?と考えると魔法が解けてしまいますね!

    4. 事務局さま
      まとめてみます📌
      〇変性意識状態は、望ましい変化を促しやすい
      〇催眠は、変性意識状態をつくりだすことができる
      〇催眠は、ショーのような派手なものでなくても、日常の中に沢山ある
      〇プロの話の聴き方は、変性意識状態を意図的につくり、その中で望ましい変化を促す
      わたしの理解は、こんな感じです。
      日常の中に、催眠が溢れているというのが、おもしろいなあと思いました。
      上手く説明はできないのですが、これまでお伝えした私の体験が催眠、変性意識状態であるとすれば、本当にたくさん経験していると思います。🐣
      しかし…。ある意味悪用もできますねー。高額商品を販売する会では、このテクニックすごいんでしょうね。☠️
      変性意識状態、しばらく興味がつづきそうです。
      ありがとうございました。🌼

  4. 「変性意識状態」私には、まだ、理解しきれない概念です。でも、「もしかして…」と感じることがあるような気もします。間違っているのかもしれないけれど、確かめてみたくて書いてみます。
    私は、立場上、子どもたちを目の前にして話すことが多くあります。振り返ってみると、「子どもたちがのっている」というような状態のときがあって、その時は、すごく集中力があったり、いいアイディアがたくさん出てきたりします。そのときの子どもたちの状態が、「変性意識状態」に近いものだったりするのでしょうか。
    じゃあ、どんなふうにしたときに、その「子どもたちがのっている」という状態を作ることができたのか。1つは、例えば、今からすることに関係のある絵本をゆったりと呼んで、みんながお話の世界にひたるようにして、その後に活動に入るようなやり方です。「こぐまちゃんのホットケーキ」を読んでもらって、ポカーンと口を開けて聞き入って、少し余韻を味わった後に、「はぁい、じゃあ、ホットケーキつくってみるぅ?」と誘いかけると、「はーい」と言って自然に活動に入っていくような感じ。もう一つは、反対に、メリハリのある心地いいトーンの声で歯切れよく、リズムにのって、ときに間をとってお話や説明をしているうちに、みんなの中に同じ波ができてくるような感覚になるとき。そんなときは、力強く集団が動いていくように思います。
    違うのかもしれないし、子どもたちに催眠を使いましょうと言ってるわけではないし、要は、子どもたちの気持ちがのってきて、活動や学習がぐんと進むことを願っているだけなのですが。もし、そこにある心の仕組みを知っていれば、かかわりももっと楽しくなるのかな~と思いました。🌼

    1. 私も変性意識よくわかりませんが、たんぽぽ ちえさんの文は、わかりやすく書いてくれて、イメージが湧いてきました。
      こんな感じは、楽しそうですね。

    2. なぁーなさんへ
      いっしょにイメージしてもらえて嬉しいです😃 そして、楽しいって、確かにそうだなぁと思いました💕 その後、事務局さんとのやりとりで、ほろ酔いとか恋人と話してる感覚とかと似てることに気づきましたが、確かにそれは楽しいこと😊
      なんだか今、変性意識状態に興味しんしんになっています❗️ また発見したら報告します🌼

    3. Author

      すごいですね〜
      たんぽぽ ちえさんは理屈はともかく、実践されているんですね〜
      催眠は日常に溢れているんですよ。講義がうまい人(寝かせてしまう人ではない)演劇をする人(能や狂言を見に行くとよくわかります)遊園地やイルカショー、ジャパネットタカタさんのTV、絵本の読み聞かせ、、、それに気づいていると「いまだ!」というタイミングがわかりますよね。そして、傾聴は変性意識と意識を行ったり来たりしていることがよくあります。素晴らしいのでコメント追加(^^)

  5. おはようございます(u_u)

    変性意識状態、勉強になりました。
    ここを含めて匿名性のネット社会も、ある意味そうなのかな、なんて思いながら読んでいました。

    アンドロイドに対しての方が、容易に心を開いてしまうとか、非日常の中に白昼夢的な感覚で存在しているのかな、と。

    私は色々なことを意識し過ぎると、ちぐはぐになってしまうので、少しずつ意識を向けていけたらいいな、と思います(o^^o)ありがとうございます。

    1. 平賀佳奈さん
      変性意識状態 私はまだよく分からない感覚です。知りたい!!

    2. 確かに今ではアンドロイドに対しても変性意識になっているかもしれないですね。
      他にもどんなことをしている時に変性意識になるか探してみようと思いました!

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!