人事担当者必見!面接での傾聴

人事担当者必見!面接での傾聴

就職や転職のための面接でどうしたら会社に合った人を採用できると思いますか?今は買い手市場ですか、長く働いてくれる人が欲しいですよね。そんなときに是非、この記事を読んでみてください。


1.志望動機について深く聴く

名前や経歴を把握したあとに、まず聴くのが志望動機ですよね。この志望動機を深く聞いてみてください。「自社で何をしたいのか」「なぜそう思ったのか」「どんな貢献をしたいのか」「どんな強みがあるのか」を深く掘り下げます。これだけでかなりの時間が割かれてしまいますが、それだけの価値があります。なぜなら、上の質問に答えられ、なおかつ、軸がしっかりしていれば、それを実行する可能性が高いからです。
「御社に入って、○○で困っている人を一人でも多く救いたいです。実は昔、○○で悩んでいた経験があり、その経験を生かしたいと思ったからです。具体的には△△の事業を進めていき、□□な人の助けになりたいです。私には××な強みがあるので、そこを活かしていきたいです。」このくらい、具体的に話を深められると、その人の魅力や入社後の働き方が明確にできます。ここまで明確に発言できる人は、ブレが少なく、事業をすすめてくれることでしょう。すぐに離職する可能性は少ないです。

 


2.志望動機以外の質問でも

志望動機以外にも質問をすると思います。そんな時も質問をする意図は「この人はどんな志や思いを持っているのだろう」ということを明らかになるようにします。

大学時代にどのようなことに力を入れましたか?

それに力を入れたのにはどのような想いがあったんですか?

どんな経験をして、ご自分の強みを見つけたのですか?

人を救いたいと思うようになったきっけを教えてください。

このように、その人の想いが聴けるような質問を投げかけます。このような質問を通して、その人の志や想いをこの会社で実現することは可能かを考え、採用するかどうかを決めます。このプロセスを踏むと、離職率は下がると思います。また、採用したら可能な限り、その人の想いに触れられる部署に配属できたら理想です。

 

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!