スカイプで傾聴

スカイプで傾聴

傾聴というと面と向かって1対1というイメージありませんか?それがベースだとは思いますが、スカイプを使って傾聴をすることもできます。


1.スカイプとは

スカイプとは世界各国に無料通話ができます。声だけではなく、お互いの顔を見ながら会話を楽しむことができます。スカイプ(skype)というアプリをパソコン、タブレット、スマホにインストールをして、お友達と繋がることができれば、無料通話をいつでも楽しめます。スカイプのいいところは、国が違っても、目の前に友人がいるような感覚で会話ができます。


2.スカイプで傾聴を

話し手の中には、家で出るのが難しい人や、住んでいる場所が遠くなかなか外で会えない人がいます。そんな人とはスカイプを使うことで傾聴ができます。夜中に急に不安になって、でもこんな時間じゃ外を出歩くのなんてもっと不安というときは、スカイプを使って傾聴してもらえることができます。(もちろん聴き手の方が傾聴できるよとお返事があればですが。)


3.スカイプで傾聴するときの注意点

スカイプはとても便利とはいえ、対面とは条件が異なる場合があります。以下の点に意識を向けるとスムーズに傾聴ができます。

スカイプに映る背景に注意をする

お部屋でスカイプをすることになると思いますが、お部屋にお洗濯物が掛かっていたり、あまりにもプライベートなものが映っていると、話し手の気が逸れてしまいます。ベストなのは背景が壁で何も映っていない状態です。

目線を注意

スカイプをしていると、目線がずれてしまいます。スカイプのカメラはスクリーンの上に付いていることが多いです。しかし、相手の画像はスクリーンに映されるので、カメラ目線になりません。目線がズレてしまうと聴き手は聴いてもらえているのかなと不安になってしまうかもしれません。そこで、目線は可能な限りカメラ目線にして、視野を広くして見てください。鮮明ではありませんが、話し手のなんとなくの動きなどはキャッチできると思います。これは、記事でご説明するのは難しいので、別の機会に。


このように、傾聴をするときにスカイプはとても便利です。注意点に書いたように、スカイプ傾聴にはスカイプ傾聴のコツがあります。それは練習をすることで慣れていきます。こちらにスカイプ傾聴の練習の場がありますので、一度覗きに来てください。

オンライン傾聴練習会

こちらから「感想」や「質問」をどうぞ!